アドバイザリースタッフ研究会

健康食品・サプリメントに関する情報提供を行う有資格者のブラッシュアップをお手伝いします。

健康食品・サプリメントに関する情報提供を行う有資格者のブラッシュアップをお手伝いします

アドバイザリースタッフ研究会主催2017年研修会(大阪①)

4月8日、アドバイザリースタッフ研究会主催2017年研修会(大阪①)が、大手前学園にて開催された。
大手前学園さんのご厚意により、毎回研修会の会場として利用させていただいているが、会を重ねるごとに、どんどん建物の中が新しくなっていっており、毎回驚かされる。今年は、会場の向かいにある校舎が解体工事に入っていた。次回開催の時には、新校舎が出来上がっているかもしれない。


研修会は、出席者が今回も100名超えとなった。


第一部は、一昨年の研修会からシリーズ化している栄養学の基礎講座を、今回も大手前大学健康栄養学部 准教授 吉澤みな子先生から、「今さら誰にも聞けない基礎栄養学〜たんぱく質アミノ酸〜」と題して解説いただいた。タンパク質がどのような形で体に吸収されていくのかという基礎的なところから、オートファージとタンパク質の関係まで、非常に興味深いお話であった。
また、みんなが日頃から、疑問に思っている「酵素ダイエット」に関しても、ファスティングによって痩せるのであり、酵素で痩せるわけではないと明快な回答を示していただいた。


第2部では、当研究会の代表世話人を務める千葉一敏先生より「今さら人にきけない食品表示の見方〜食品表示法施行2年を経過して〜」と題して、食品表示について解説をいただいた。消費者の方は、食品表示について読み方を知らないので、そのあたりも健康食品の相談の際に、説明すべきとの提案があった。