アドバイザリースタッフ研究会

健康食品・サプリメントに関する情報提供を行う有資格者のブラッシュアップをお手伝いします。

健康食品・サプリメントに関する情報提供を行う有資格者のブラッシュアップをお手伝いします
YouTubeチャンネルがスタート!登録をお願いします。

JIHFS 記念講演会 参加報告




6月18日に、学士会館で開催された一般社団法人日本健康食品規格協会4回定期総会記念講演会に参加したので報告します。


第1演題は、「食品添加物と健康食品〜コーデックスの動向を踏まえて〜」と題して前日本食品添加物協会常務理事 平川忠先生より、日本の食品添加物規制の変遷、最近の動向について話があった。


第2題目は、厚生労働省新開発食品保健対策室 岡崎隆之専門官より「健康食品の安全確保について」と題して、厚生労働省の健康食品に対する安全性を確保するうえでの取り組み、体制についての話があった。


第3演題は、協会理事長の大濱宏文先生より、「サプリメントを取り巻く国内外の話題」と題して講演があった。
サプリメントは、「 ①機能性(有効性)が確証されていること、 ②安全性が保証されていること、 ③品質確保されていること」があって成り立つものである。これらを実行するためには、法律による規制、研究体制の確保、国際的協調、資源確保と環境保全、消費者リテラシーの向上が必要である。現在、EU、米国ともに、効能の根拠(エビデンス)に関し、非常に厳格になってきている、との話であった。


HPではもう少し詳しく報告しています。
http://advisory-staff.org/category/seminar-repo/