アドバイザリースタッフ研究会

健康食品・サプリメントに関する情報提供を行う有資格者のブラッシュアップをお手伝いします。

健康食品・サプリメントに関する情報提供を行う有資格者のブラッシュアップをお手伝いします
YouTubeチャンネルがスタート!登録をお願いします。

アドバイザリースタッフ研修会2019年度冬期研修会(福岡)開催報告

 


2019年度冬期研修会の最後として、1月19日、九州大学医学部百年講堂にて、2019年度冬期研修会(福岡)が開催された。
福岡での研修会は、前回2018年4月から、1年9か月ぶりの開催となった。

f:id:a-staff:20200123145942j:plain


第一部の講演は、「在宅医療で薬剤師、管理栄養士は何が出来るか」 と題して、一般社団法人 全国薬剤師・在宅療養支援連絡会 副会長 萩田 均司先生より、ご講演頂いた。
先生は、自身の薬剤師としての活動を通じて、在宅医療は、多職種の人たちが、各々を尊重し、意見を出し合い、それらを患者さんの幸せのために、チームとして活動していくことが大事であることを強調された。
事例として、管理栄養士も在宅医療のチームにはいることで栄養指導を行うことにより、種々の症状が改善することがあることを紹介いただいた。

 

第二部は、「機能性表示食品の相談を受ける際・薦める際の留意点」と題して、 アドバイザリースタッフ研究会 代表世話人の千葉 一敏氏より、健康食品相談や販売において、消費者からの質問に対し回答するに際しての留意点について、個々の質問事例を挙げ解説した。

 

演者お二方ともに、講演時間を目一杯使う講演となり、質疑応答の時間を取れなかったが、休憩時間、研修会終了後に各先生に時間をいただき、個々に質疑にお答えいただいた。