アドバイザリースタッフ研究会

健康食品・サプリメントに関する情報提供を行う有資格者のブラッシュアップをお手伝いします。

健康食品・サプリメントに関する情報提供を行う有資格者のブラッシュアップをお手伝いします

アドバイザリースタッフ研究会共催 日本食品安全協会主催学術講演会 参加報告

アドバイザリースタッフ研究会共催
日本食品安全協会主催学術講演会 参加報告


12月10日、東京医科歯科大学において、日本食品安全協会主催学術講演会が開催された。本研修会は、アドバイザリースタッフ研究会との共催の形で開催され、当研究会世話人 大石順子 先生が、「私たちの活動を通しての問題点と今後〜薬剤師の立場から」と題して講演するとともに、パネルディスカッションの司会を私が務めさせていただいた。


参加者は、100名を優に超える大盛況の研修会となった。参加者の中には、アドバイザリースタッフ資格を持っていない参加者も複数みられ、パネルディスカッションの中では、それら参加者の方からも、アドバイザリースタッフのありかたについても提言があり、非常に有意義な研修になったことをご報告いたします。


研修会では、基調講演として「機能性表示食品制度施行の2年半を振り返って」 と題して、
FOOCOMネット主幹 森田満樹 先生から、健康食品を中心として食品表示法全般の説明があった。
その後、アドバイザリースタッフ資格を有して活躍している3名の方から、日ごろの活動報告があった。
大石順子先生からは、くすり相談室に寄せられる健康食品の相談に関して、回答事例を交えながら、薬剤師のアドバイザリースタッフだからできる対応についての活動報告があった。続いて、小西光子先生(臨床検査技師行政書士)から、松山市で展開している包括支援センターの介護教室での健康食品管理士としての活動報告があった。仲程昭子先生からは、健康食品管理士会沖縄支部の15年の活動報告があった。その中で、当初は多く参加してくれた市民講座も、最近は参加者が減っている。集客方法やPR方法を考えていなないといけないとお話しされていた。
その後、フロアー理参加者を含めたパネルディスカッションが行われた。


アドバイザリースタッフ研究会代表世話人 千葉一敏 記す