アドバイザリースタッフ研究会

健康食品・サプリメントに関する情報提供を行う有資格者のブラッシュアップをお手伝いします。

健康食品・サプリメントに関する情報提供を行う有資格者のブラッシュアップをお手伝いします
YouTubeチャンネルがスタート!登録をお願いします。

アドバイザリースタッフ研究会主催2017年研修会(東京②)


4月23日、アドバイザリースタッフ研究会主催2017年研修会の最終開催として、国立健康栄養研究所会議室にて、東京②会場の研修会が、120名を超える参加者を集め、開催された。




第一部は、「機能性表示食品 健康食品産業協議会の取組」と題して、一般社団法人 健康食品産業協議会 会長 関口 洋一 先生から、ご講演頂いた。先生から、産業界として、機能性表示食品制度に対して、どんな取り組みを行い、現在抱えている問題に対して、どのような活動をしていくかという説明をしていただいた。参加者のアンケートにも、製造メーカーが、どのような立ち位置で、機能性表示食品を製造販売しているかが分かったとの声も複数見られた。


第二部は、「臨床検査データの読み方 基準範囲の適用とよくある異常値について」と題して、鈴鹿医療科学大学保健衛生学部 教授 森下 芳孝 先生から、ご講演いただいた。先生から、健常者でも見られる臨床検査値の異常値について、実際の例を提示いただきながら解説をいただいた。講演終了後も、先生の前に多くの質問者が並んでいました。