アドバイザリースタッフ研究会

健康食品・サプリメントに関する情報提供を行う有資格者のブラッシュアップをお手伝いします。

健康食品・サプリメントに関する情報提供を行う有資格者のブラッシュアップをお手伝いします

都民を対象とした「健康食品」の摂取に係る調査結果 


東京都から、3月29日に健康食品の摂取に関するアンケート結果が公表されました。


 東京都では、「東京都食品安全推進計画」に基づき、「健康食品」の安全確保や正しい利用方法の普及啓発を行っています。
このたび、これらの施策に資することを目的として、本年1月に「都民を対象とした「健康食品」の摂取に係る調査」を実施し、その結果を報告書としましたのでお知らせします。
http://www.metro.tokyo.jp/INET/CHOUSA/2016/03/60q3t100.htm


「健康食品」の利用状況について
•66.4%が最近一年間に「健康食品」を利用していた。
•男女別の利用率では、男性62.1%、女性70.5%と女性のほうが高く、年代別では18〜39歳69.7%、40〜59歳67.8%、60〜74歳58.7%と若年層ほど高くなっていた。


「健康食品」利用による体調不良について
•用者の3.6%が体調不良の経験ありと回答していた。
•症状は、主に「下痢、腹痛」、「吐き気、おう吐」、「皮膚のかゆみ、発赤、発疹」などであった。


詳細は、下記から報告書がダウンロードできます。


都民を対象とした「健康食品」の摂取に係る調査結果 報告書
http://www.tokyo-eiken.go.jp/files/top/27_kenshoku_houkokusho.pdf